« FXDF2-CVOリーチシートのその後 | トップページ | じみちな作業継続中~w(゚o゚)w »

2010年11月16日 (火)

ハーレー純正シート独特の構造と、それによる加工の制限についてだよw(゚o゚)w

各メーカー純正シートは一様に、裏面(シートベース)がフレームや補機類を巧みに避けた、あるいは沿った?複雑な上げ底構造です

そして、スポンジとシートベースの合わせ面はぴったり密着してます

そしてそして、シートの輪郭はほぼ、シートベースの外郭で決定されます

・・まぁそのようなことが当てはまると思うのです

ところがハーレーにおいてはその一般的条件からはずれる点がいくつかありシート屋さん泣かせcrying

普段は問題ともしないような作業の難易度を数段高めてくれたり、可能な加工を不可能にしてくれたりするのですwobbly

1011150002 スポンジの裏です

シートベースとは厚みのあるフシギな接着剤で点付けされており、あまり密着していませんcoldsweats02

形状は・・この車種においては1011150003 eyeこの部分が大きくえぐれて、スポンジの薄い部分は3mmも無いくらいcoldsweats02

外からの見た目とはウラハラ・・形状加工も慎重に進めますsweat02gawk

まず1011070010 衝撃吸収素材をはさんで・・スポンジ裏面はその分シェイプ

機械シェイプのパワーに耐えるためがっちり接着1011150005 eye・・シートベースよりスポンジが大きいのもハーレーの特徴coldsweats02

輪郭を決定しているのがスポンジsadなのでもとから輪郭はシャキっとしていないのですが・・ヘタに形状を変えると一番外側のスポンジを失って、車体との隙間が数センチ開いてしまいますshock

1011150008 1011160011

前を薄く、座面を下げて、腰当部は2cm足してシッティングポジションを少々前方に・・

リアはスッキリなだらかにシェイプ

全体のボリウムを小さく・・といろいろやりたいけど慎重に慎重にcoldsweats01

・・まだ荒削りなのでさらにキレイに仕上げまーすcoldsweats01

http://www.clione.net/clionespeed.htm catface

|

« FXDF2-CVOリーチシートのその後 | トップページ | じみちな作業継続中~w(゚o゚)w »