« へびー | トップページ | 高いトコロから失礼します(^_^;) »

2009年6月28日 (日)

YAMAHA WR250のシート形状をいつもとちがうキャラで語ってみました。

YAMAHA WR250R/Xはリッター級ロードバイクからお乗換え・・あるいはメインなロードバイクとセカンドバイクをこれ一台に・・なんてお客さまが多いようにおみうけいたしますがみなさま一様にその乗り心地の悪さ・・ロードバイクとのギャップにビックリなんです・・まぁその構造上(とてもレーシーな設計上)いたしかたない点はあるとして・・シート屋さんとしてその対策につきまして多くご相談をうけたまわることになっているワケです・・そしてその回答はと言いますと、地道に細かな策を組み合わせるのが最善策、と思われます09062719

以下もそのひとつ・・

09062718座面の角度を調整09062814

形状はいわゆるステップシートなわけですが、競技志向ということではなくロードバイク的アプローチ。

これがオフロードバイクにおいて決して正しい形状とは思いません。

が、ツーリング等で使用する場合には(意外と)理にかなっている・・と思うのです。

アップライトな姿勢で乗るオフロードバイクは長距離走行(長時間走行)のとき、その前傾的形状に常にお尻が耐えながらの移動となるわけで、 とくにロードバイクに慣れた方はちょっと後ろに座ったりしてますとその角度とシート幅の狭さも手伝ってそれはそれはお尻にきびしいと思われます。

上の写真のような形状加工にて、前傾角度の緩和とシート幅を増すことが同時に出来るのです。

そして明日は形状の仕上げと低反発ウレタンを使用する工程です。

ワー!!!

・・いつになくこんなモードで書いてたらアタマから湯気でたのでカメさん助けて~

09062804_2ギロッっとにらまれた・・ホレごはんだよ~09062805パクパクパク

http://www.clione.net/clionespeed.htm

※クリオネスピードより・・お願い↓

「まおちゃんを救う会」・・ご協力お願いいたします

|

« へびー | トップページ | 高いトコロから失礼します(^_^;) »